たひお備忘録

惑い迷える40代の、食べ歩き、競馬の旅打ち、城巡りなんかの記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

栃木県宇都宮市 シャングリラ・モティ 宇都宮店

 良いことがあった時や記念日など、ちょいとばかりスペシャルな時にお伺いしたいお店がいくつかあるのですが、そのうちの一つがこちらのモティさん。それでこの「モティ」は群馬県太田市に本店があって、実は個人的にそちらの方のが馴染みがあったというか、その後、太田の「モティ」と宇都宮の「モティ」が実は系列店だと知った時は大層驚いた記憶があります。

キングフィッシャー 600円(税抜)
キングフィッシャー 600円(税抜)
ゴッドファーザー 600円(税抜)
ゴッドファーザー 600円(税抜)
ビールに付いていたパーパド
ビールに付いていたパーパド

 それで今回もそんな感じでお伺いしたのですが、それでまずはメインのカレーが来る前に喉を潤したビールと、更に途中でもう1本追加したものを。で、キングフィッシャーにしろゴッドファーザーにしろどちらもラガーなので、日本人の口にも馴染みやすい味わいだと思います。それとビールと一緒に出てきたのがパーパドで、豆菓子というか穀物っぽいベースにスパイスが適度に効き、そしてパリパリっとした食感が何とも良いですね。

モティターリー 2490円(税抜)
モティターリーの料理とナン
チャエ

 こちらのお店には比較的リーズナブルなメニューもあるのですが、今回はスペシャルなのと、またお伺いするのが久しぶりであったため、お店の代表的な料理をセットにしたこちらの品を注文。まずメインのカリーは、ビーフコルマ、アーモンドチキン、カシミールチキン、リッチベジタブルの4種類。それにチキン、ジンガー(海老)、シークカバブといった3種類のタンドール料理に、ライスとナン、チャツネとピクルス、サラダとフルーツヨーグルト、そしてドリンクも付いているという。

タンドールチキン ターリ 2190円(税抜)
タンドールチキンターリの料理とナン
ラッシー

 こちらは、同行者が注文した品。大ぶりなタンドールチキンの他、選べる3種類のカリーはチャナマサラ(ひよこ豆とジャガイモ)、マトンマサラ、本日のビーフカリー(ビーフコルマでした)をチョイス。そこにライスとナン、チャツネとピクルス、そしてドリンクというセットです。

 で、これらをシェアしつついただくのですが、こちらの(というか太田の)お店に初めてお伺いして以来感心するのが、どの料理もスパイシーなのに、どの料理も口に馴染むんですよね。ほんと、スパイスと油脂類、そして野菜や肉などが渾然一体となって織りなす自然な味わいは、時に刺激的なれど、身体にスッと染み入るというか。それにしても、最初の頃は「何だかわからないけどスパイシーで旨い」と感じていたものが、「あ、これはクミンが効いているな。こっちはコリアンダーかな。」などというように、多少なりとも個々のスパイスの風味が判ってくると、更に楽しめるように思えます。

 というわけで、美味しくいただき満足したのですが、昔はここに更にカブリナンやセサミナンを追加して食べていたのが(じつはナン、好きなんです。)、これだけで(と言ってもかなりの品数なんですがね)お腹がパンパンになってしまい、時の流れを身体で感じてしまったというか。ごちそうさまでした。

平成31年3月訪問

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいます。
競馬が好き。食べること飲むこと全般が好き。なので、競馬場で飲み食いしている時が、一番幸せです。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

05 2019/06 07
S M T W T F S
1
3 5 8
10 12 14
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

アーカイブ

忍者アナライズ